Home > 活動報告 > 2017年
2017年

10月度定例会

13:30-15:00 流通委員会 第6回輸入建材マイスター資格試験試験問題作成委員会開催
15:00-17:00 定例会・勉強会(解説:理事長)
1.「木造住宅の耐久性向上に関わる建物外皮の構造・仕様とその評価」について
(2017年8月公開)
「国交省・国土技術政策総合研究所」公開した研究結果を会員の経験と共に精査し、住まい手の皆様へ確実な仕様に基づく建材の選定法を提供する為の知識を深めた。

2.クリーンウッド法への対応最新情報(2017年9月29日公開)
登録機関の稼働が迫るに備えて申請書類の書き方、注意点について理解を深めた。

新規入会者紹介 
フィールムーンジャパン社:ロシア製サッシ取り扱い

11月度定例会は、
11月16日(木)ビッグサイトで開催中のジャパンホームショー会場にて

9月度定例会

13:30-15:00 流通委員会 第6回輸入建材マイスター資格試験試験問題作成委員会開催
15:00-17:00 定例会
1.会計監査報告
2.勉強会 
カールヴィ・ジャパン社を招き、同社が製造する樹脂サッシについての商材説明を受けました。
ドイツ最高水準の技術を持つVEKA(ヴェーカ)社の樹脂窓枠製品と日本の旭硝子社ガラス材を組み合わせて、ロシア・サハリンの工場で製造している樹脂サッシメーカー。北海道では採用実績も多く、熱伝達係数値1.53w/m2kから0.82w/m2kの商品ラインラップを持ち、高性能な窓を低価格で実現しています。
当会からは、重量に比例して劣る施工性の改善について言及。本州以南での採用に向けて今後も活発に連携して情報交換する事としました。
同社のバーチャルショールーム
http://www.karvi.jp/VR/tour.html

次回の定例会は、
10/11(水)五反田事務局で開催する予定です。

6月度定例会

6/14 五反田事務局にて

14:00-15:00 流通委員会 第6回輸入建材マイスター資格試験試験問題作成委員会開催
15:00-17:00 定例会
1.関連法令改正・新設についての勉強会
①民法改正について
②個人情報保護法改正について
③クリーンウッド法施行について
…コンプライアンスに例外は無く全ての活動に共通する事。「知らなかった」では済まされな い建築業界に関連する点の解説を行いました。

次回定例会は 7/12(水)東京ビッグサイトで開催中の「第20回リフォーム産業フェア」視察を兼ねて開催します。

理事長より各法令について説明

5月度定例会

5/16 会員企業 株式会社オクタ OK-DEPOT 物流センターにて
14:00-16:30 同社オリジナル建材LOHAS Material・Passiv Materialを見学 
各建材の担当者様より商材説明を受けました。

見学した商材:パッシブブラインド・パッシブウィンドウ・パッシブファン・木製断熱玄関ドア
内部用木製建具・ロハスオイル・無垢フローリング・ロハスコート
ロハスオイル・EM珪藻土・EM漆喰

…当会より
どの商材も独自性に富んでおり、同種類競合製品とも性能・価格で明確な差別化が出来ている点は、特徴的な住宅を設計・施工、提供している当会会員企業とも大いに取引の幅が広がる事と思います。

6月度定例会は 6/14五反田事務局にて クリーンウッド法施行・改正された個人情報保護法について情報共有する予定です。

会員も大注目の外付けブラインド

4月度定例会

3/12 五反田事務局にて

14:00-15:00 流通委員会 第5回輸入建材マイスター資格試験採点
15:00-17:00 定例会

1.IBMA2017年度人事
新理事長 有限会社ケーズファクトリー 代表取締役 金子清之氏 就任
新理事長から所感
理事長職拝命に当たり、今後の活動内容を改めて表明いたします。
当会の目的は即ちNPO団体として一般消費者の皆様へ的確な情報開示の使命を果たすことであります。それには当会がこれまで培ってきた知識や経験、活動内容を更に今後も発展させる事が第一である事は云うまでもございませんが、更に以下の様な決意も以て活動邁進していく事もお約束させて頂きます。
1. 当会は今後も住みやすい住まいの実現に向け、「建材」の最終利用先である 
「住宅」の快適性・安全性を消費者の皆様の様々ある住まい方への順応と変化にも
対応できる様、提案力も身に付けてまいります。
2. 適切な管理下に於いて供給されるものは国産材・輸入材を問わず環境保全対策にも
寄与するものとして認識の拡大にも努めてまいります。 
以上
そこから我々の目指す住まいのイメージを、
暖かい家ではなく寒くない家、涼しい家ではなく熱く?無い家
と位置づけ
従来から行う「勉強会」をテーマ別構成して基礎から応用編に各対象別に実施し、広く媒体を通して情報の開示をしながら2017年から3年以内の確立を目指して
当会推奨とする「提案」「デザイン」
「アイテム」等の開発を行います。
目標達成イメージとテーマは、
1年目 広く告知 2年目 浸透と開発 3年目 深く浸透 であります。
今後ともどうか当会の活動にご理解とご支援を戴けます様よろしくお願い申し上げます。

平成29年4月12日 
理事長 金子清之

 

2.勉強会
ハウディ株式会社様・東北資材工業株式会社様をお招きし、
其々断熱外部用ドア、防蟻基礎断熱型枠について、プレゼンテーションをして頂きました。

① ハウディー株式会社 営業本部 師尾様 市川様より、
強化ファイバーグラス製 外部用ドアの特徴と断熱性、施工性について説明を受けました。
…当会より
超高気密高断熱住宅を提案する当会会員企業が、躯体の断熱性能に見合うカタログ記載性能値であった某国内メーカーの断熱玄関ドア採用した所、実際はカタログ性能値には届いておらず、内部の断熱構造にもカタログとの相違点があった為、結露発生の事象となった事から交換を余儀なくされた際に代替えとして採用した製品として紹介。交換後は結露発生の事象は無く、十分な性能を発揮しているとの事。国内外の製品を問わず実際に採用して検証をする当会の姿勢が、良い物を供給しようとするメーカーの姿勢と相乗効果を生んだ一例と云える。 

② 東北資材工業株式会社 藤原社長・建材事業部 宮森様より、
防蟻基礎型枠 J-リミテッドフォームの特徴と商品構成、カットモデルを用いての施工法について説明を受けました。
…当会より
発砲スチロール生産技術に長ける同社の製品は、当会会員企業もこれまで様々採用しているが、この製品は他社製によくある立上り部分の型枠ではなく、布基礎、ベタ基礎はもちろん、米国では常識のスラブオングレード「Jリミテッド基礎」(耐圧盤式土間スラブ基礎)にも対応した発泡ポリスチレン型枠である事が特徴的である。ベースからハンチ部分まで部材化されている点は施工性の向上に寄与している。

5月定例会は5/16(火)五反田事務局での開催もしくは会員企業の工場訪問を予定しています。





定例会の様子
ディスティンクションドアシリーズについて
J-リミテッドフォーム構成部材
J-リミテッドフォーム特徴

2月度定例会

2/14 五反田事務局にて

13:30-15:00 流通委員会
15:00-17:00 定例会

1.IBMA2017年度予定策定
月次定例会開催日
2017年
4/18(火)5/16(火)6/14(水)7/12(水)8月休会 
9/13(水)10/11(水)11/16(木)12/13(水)
11月はBigSiteジャパンホームショー視察兼
12月はBigSite高性能建材展視察兼
2018年
1/16(火)2/14(水)3月は第6回輸入建材マイスター資格試験 建築建材展視察兼

2.建材検証
会員企業 
ブライトン㈱より
2016年第1回高性能建材展出品
1.ドイツ・BIOFA社 NonVOCの完全自然塗料を日本総代理店として取り扱い開始。 
単なる木材の保護のみならず、塗布する事に因ってその用途に求められる性能や機能性の向上にも寄与する様々な特徴の製品群で木材を扱う業界多方面からの要望に応える体制を持つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.アメリカ・ToppsProducts社 長寿命高弾性屋根メンテナンス材を日本総代理店として取り扱い開始。
人と環境に最も効果的な屋根補修材としてアメリカ合衆国連邦基準より20~30%エネルギー効率が高い設備に与えられる「エネルギースター」認定品。全ての気候・環境下に於いて有効な屋根補修システムである事が証明されている。
カタログのダウンロードはこちら

 

次回定例会は3/8(水)東京ビッグサイトで開催中の建築建材展視察を兼ねて実施


木材の多用途に対応する豊富な商品群
施工箇所の例 左上部カウンター用は食品安全基準をクリア
驚きの性能

1月度定例会

1/17 五反田事務局にて

13:30-15:00 流通委員会
15:00-17:00 定例会

 

1.IBMA2017年年頭所感
福井会長より
多様化する住宅関連の法規制や制度に対応するには、当会のネットワークを活かした連携が更に必要となる年になってくる。同一建材の一部門同志ではなく、住宅を形成する部材・資材を扱う団体として幅広いコラボレーションが実現できるのは当会である事を、初心に立ち返って活動していこう。

2.建材検証
会員企業 岡崎製材㈱丸山氏より
EIFSJAPAN社が扱う
防水材「GUARDIAN」について実地検分のレポート
…様々な下地、形状に追従する性能を持つ同材を採用する事で、外壁や屋根、その他取り合い部の防水対策にこれまでとは違った納め方と確実性も期待できる建材として、当会でも継続的に検証を重ねる事で全会一致しました。

3.2017年勉強会第一弾

日本ボレイト株式会社様を招き、シロアリ対策における基本知識とホウ酸処理による木材保存について説明を受けました。
ヤマトシロアリ、イエシロアリの我が国於ける被害状況や特異な生体で徐々に被害が拡大しつつあるカンザイシロアリについて詳細を講義して頂き、ホウ素(ホウ酸)についての有効性、安全性、持続性を確認しました。
同社のサービス内容はこちら

次回定例会は
2/14(火) 五反田事務局にて

ガーディアン
日本ボレイト社プレゼン

6月度定例会

6/14 五反田事務局にて

14:00-15:00 流通委員会 第6回輸入建材マイスター資格試験試験問題作成委員会開催
15:00-17:00 定例会
1.関連法令改正・新設についての勉強会
①民法改正について
②個人情報保護法改正について
③クリーンウッド法施行について

お問い合わせ

第6回輸入建材マイスター資格試験受験申込み書のダウンロードはこちら

 

当協議会は、国総研第975号研究成果報告
木造住宅の耐久性向上に係る建物外皮の構造・仕様とその表に関する研究」について理解を深め、消費者に皆様にその技術と知識を提供しています。
詳しい説明をお求めの方は問い合わせフォームをご利用ください。